美容師の鉄則

美容師ならば、これだけは守れ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思い出をどのような形で残していますか?(Business Media 誠)

 学生時代の思い出や、恋人との思い出など、多くの人が大切にしている思い出。現代人は思い出をどのような形で残しているのだろうか。

【拡大画像】 【他の調査結果を含む記事】

 「カメラのキタムラ」のキタムラが運営する思い出づくり研究所の調査によると、「忘れていた過去の出来事や記憶がよみがえるきっかけとして最も影響力があるものは?」と尋ねたところ、トップは「写真」で47.5%と断トツ。以下、「音楽」が18.0%、「場所・風景」が12.8%、「映像」が6.2%で続いた。一方、「ない」と答えた人も6.3%いた。

 3人に2人は「写真」「場所・風景」「映像」といった視覚的な情報を挙げたが、文字情報である「日記」はわずか3.3%。小説『失われた時を求めて』の主人公は紅茶にひたしたマドレーヌの香りをきっかけに幼年時代を思い出したが、「香り」も2.7%にとどまっている。

 「思い出をどのような形で残していますか?」と聞くと、最も多かったのは「写真(プリント)」で25.6%。以下、「写真(PCやケータイでのデータ保存)」が19.8%、「アルバム・フォトブック」が13.7%、「映像(ビデオ・動画)」が10.3%、「記録メディア(SDカード/CD-R/DVD)」が6.7%、「日記」が5.9%、「ブログやSNS(mixiなど)」が4.8%、「プリクラ」が4.6%で続いた。一方、「残していない」という人も5.2%いた。

 デジタル全盛の世の中になっているが、「写真(プリント)」「プリクラ」「日記」のように、アナログ形式で思い出を残している人も少なくないようだ。

 インターネットによる調査で、対象は15歳~69歳の男女1200人。調査時期は2010年4月末。【堀内彰宏】

【関連記事】
環境より“思い出”――ケータイをリサイクルしない理由
悪人を倒せば世界が平和になるという映画は作らない――宮崎駿監督、映画哲学を語る(前編)
飲食店のメニュー写真に“裏切られた”ことはありますか?

<藤の花>滝のように…(毎日新聞)
性犯罪、殺人で量刑重め=死刑と無罪ゼロ、無期8人―判決521人・裁判員制度1年(時事通信)
赤ちゃんポスト、3年目は15人=虐待の疑い例なし―熊本市(時事通信)
郵便不正 村木被告「感謝」とコメント(産経新聞)
DPC新係数は「病院の機能を評価」―厚労省医療課主査(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト
  1. 2010/05/29(土) 06:34:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アートコーポレーション会長、少女わいせつ容疑(読売新聞) | ホーム | <もんじゅ>排気モニター故障で警報 環境には影響なし(毎日新聞)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://w0sf8ajywe.blog82.fc2.com/tb.php/16-e54e065a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。